大学図書館問題研究会 福岡支部
 

大学図書館問題研究会福岡支部会則


第1条(名称)

 本支部の名称を大学図書館問題研究会福岡支部とします。

第2条(目的)

 本支部は、大学図書館問題研究会の会則に従い、会員相互の理解と協力を促進し、大学図書館の発展に寄 与することを目的とします。

第3条(事業)

 前条の目的を達成するために次の事業を行います。

1.支部報の発行

2.例会の開催

3.総会の開催

4.その他本支部に必要な事業

第4条(会員)

 本支部は福岡県の大学図書館員を主体にして組織します。

 2 支部会員は本支部のすべての事業に参加し、支部報の配布を受けることができます。

第5条(総会)

 本支部の最高機関を総会とし、会員はすべてこの総会に出席し、発言し、議決に加わる権利を有します。
 総会は年1回支部長が招集し開かれます。ただし、委員会が必要としたとき、もしくは会員の3分の1以上の要求があるときは臨時に総会を開くことができます。
 総会は活動方針案、予算、決算、委員の選出およびその他必要事項を審議決定します。
 総会は委任状を含めた会員の過半数で成立し、議案は出席者の過半数の賛成で議決します。

第6条(委員会)

 本支部に支部長1名を含む委員会をおき、事務局・組織・会計・企画・編集などの会務を担当します。
 委員は総会において選出し、選出された委員は支部長1名と全国委員を互選します。

第7条(委員)

 支部長は支部を代表し、会務を主催し、総会・委員会を招集します。支部長の任期は1年とし、再選はさまた げません。
 全国委員は本支部を代表して全国委員会に出席し、本支部と全国を結ぶパイプとしての役を果たします。
 委員は会務を分担し、その任期は1年とします。ただし再選はさまたげません。

第8条(財政)

 本支部の経費は支部会費、支部還元金、事業収入および寄付金でまかない、支部会員は支部会費を前納し なければなりません。
 支部会費は年額7千円とします。
 本支部の予算決算に関わることは総会に提案し、その議決を得なければなりません。
 4 本支部の会計年度は7月1日より翌年6月30日までとします。

第9条(旅費補助)

 全国委員会へ出席に要する宿泊費を上限1万円の範囲内で補助します。
 2 全国大会および研究集会などへの出席に要する旅費・宿泊費に対して、年度毎の予算の範囲内で補助します。ただし、1名あたりの限度額は1万円とします。

第10条(会則改正)

 この支部会則の改正は総会においてのみなされ、出席者の3分の2以上の賛成を必要とします。

付則

この支部会則は1995年12月17日より効力を発するものとします。

付則

この改正支部会則は2007年7月1日から施行します。

例会関係のハッシュタグは、
「#dtk_f」です。